カテゴリー別アーカイブ: 番組からのお知らせ

11/11 OA楽曲とコメント

IMG_3392シュタルケル

Z.コダーイ作曲、無伴奏チェロソナタ。演奏:ヤーノシュ・シュタルケル

高校生の時シュタルケルの凄い演奏のレコードが有るとどこかで聞いてレコードを買いました。演奏も録音も凄かったです。1人で弾いてる筈なのにどう聴いても2人で弾いてるように聴こえます。2人分を1人で弾くなんてどんだけ上手いんだろうと驚嘆しました。楽譜を見て成る程と合点がいきました。この曲はシュタルケル18番となり以後20年位は誰も録音しなかったのでみんなはシュタルケルのテクニックとコダーイの作曲技術の素晴らしさにびっくりしていました。

IMG_3389ムローヴァ

ヴィクトリア・ムローバのvn、小澤征爾指揮ボストン交響楽団の演奏、J.シベリウス作曲ヴァイオリン協奏曲

ムローバがソ連にいた時代の演奏スタイルは全然動かない、表情も変わらず愛想のないものでしたが西側に亡命してからの彼女の演奏スタイルは非常に自由で音楽も厳しさが減って暖かいものに変わった気がします。

10/28 OA楽曲とコメント

IMG_3306トルトリエ

ポール&モード−マルタン トルトリエ演奏、G.ヘンデル作曲2つのチェロの為のソナタ

トルトリエの一家はみんな音楽家なんですがチェロは奥さんだけですね〜。息子さんはヴァイオリンの名人で指揮者としても活躍中だし、娘さんはピアノでトルトリエとの共演をよくやってます。スペインの名チェリストであるルイス・クラレットさんのご一家は奥さん息子さんともチェリストで家中チェロだらけですが。

IMG_3307ボベスコ

パラディス作曲シシリア舞曲。演奏:ローラ・ボベスコvn

この名曲も昔はよく演奏されましたが最近あまり弾かれる機会が少ないですね〜。シシリア舞曲とは8分の6拍子の曲で憂いを帯びたメロディが特徴です。美人ヴァイオリ二ストとして特に日本で大人気だったボベスコさん、清楚でおとなしげな演奏スタイルによく合ってると思います。

10/7 OA楽曲とコメント

IMG_3120ブルックナー

A.ブルックナー作曲交響曲第5番。レミー・バロー指揮アルトモンテ管弦楽団

僕はブルックナーの交響曲はあまり好きじゃなかったんです。大げさで偉そうに聞こえました。しかしオーケストラの一員としてブルックナー自信が働いていて今その地下で眠ってるというオーストリアのザンクト・フローリアン教会で演奏してみるとその素晴らしさが分かって来ました。残響が凄く有る所でこの曲演奏されるべきです。

IMG_3121カントロフ

ジャン・ジャック・カントロフのヴァイオリンでモーツァルトのヴァイオリンソナタ変ホ長調

カントロフは現役のヴァイオリ二ストで洒落た節回しと綺麗な音の魅力で日本にもファンが多いです。モーツァルトのヴァイオリンソナタは譜面は優しいのですが表現が中々難しいです。カントロフは軽快に無邪気に弾いています。

9/30 OA楽曲とコメント

IMG_3122セントポール組曲

ホルスト作曲 マルコム・サージェント指揮
ロイヤルフィルハーモニー管弦楽団 演奏
「セントポール組曲」

IMG_3116竹花さん網野さん

竹花加奈子 作曲・演奏
「竹取物語 1楽章」

今回のゲストは、先週に引き続きチェリストの竹花加奈子さん、そして初登場の、ピアニストの網野ひかりさんでした。
学生の頃からの長い付き合いだというお二人。10月13日には二人でデュオコンサートを開催します。
お聴きいただいた曲は、竹花さん作曲の「竹取物語」。
これから多くの演奏家により演奏されていく曲になりそうです。
作曲家としてますますのご活躍も楽しみですね!

9/23 OA楽曲とコメント

IMG_3123弦楽セレナーデ

ドヴォルザーク作曲:弦楽セレナーデ。演奏ヨゼフ・ブラフ指揮チェコ室内オーケストラ

公ちゃんがチェロを始めた時最初に師事したのが東海正之先生でした。先生が創立しお亡くなりになった後はヴァイオリ二ストのお嬢様が後を引継ぎ福井合奏団として年2回演奏会を開いておられます。僕も加えて頂き最初に演奏したのがこのドヴォルザークの弦セレでした。美しいメロディに溢れた良い曲です。

IMG_3115竹花加奈子さんゲスト

サン=サーンス、竹花加奈子編曲作曲白鳥。演奏:竹花加奈子vc、pf共。

チェロにとって最も知られてる独奏曲はこの白鳥でしょう。竹花さんはチェロパートは変えずに伴奏のピアノパートを編曲されました。原作より音符が少なく、オリジナルは小々波の上を滑るように泳いで行くイメージですがこの版は静かな神秘的な池にゆっくりと泳ぐ白鳥の姿が想起されます。

9/16 OA楽曲とコメント

IMG_2888トゥナイト

レナード・バーンスタイン作曲:ウエストサイド物語からトゥナイト

この映画を見たのは中学か高校の時でした。その頃見たアメリカ製ミュージカル映画、南太平洋とかサウンドオブミュージック、メアリーポピンズ等と比べると強烈な印象が有りました。音楽もジャズっぽかったし、強烈なリズムが全編に漲ってました。又マリア役のナタリー・ウッドがとても美しかったです。今日のレコードはそのサウンドトラック盤ではなくキリ・テ・カナワとかホセ・カレラスというオペラ界の最高の歌手を揃えての録音です。

IMG_2886アイザックスターン

J.S.バッハ作曲:二つのヴァイオリンの為の協奏曲。演奏:アイザック・スターン他

バッハのこの曲は2人のソロヴァイオリ二ストが絡みあって又自分の力量を誇示したりする曲です。従っていろんな演奏が可能です。バロック様式に則っての演奏も有れば名人芸的演奏もあります。今日のレコードは後者ですね。