月別アーカイブ: 2017年11月

11/19 OA楽曲

「公ちゃんの黄昏ドキはcello気分」
X’mas SPECIAL公開収録イベントの開催が決定しました!

日時:2017年12月17日(日)14:30開場 15:00開演
場所:甲府市川田町アリア・ディ・フィレンツェ「マイスターホール」
出演:住野公一・春ななみ ゲスト:ピアニスト原田康子

ご応募はFM FUJIのホームページからお待ちしています!

朝比奈

シューマン作曲 交響曲第4番 第4楽章
朝比奈隆 指揮
関西フィルハーモニー演奏

1908年、東京生まれの指揮者「朝比奈隆」を特集しました。
関西交響楽団を創設し、2001年に亡くなるまで現役だった名指揮者です。

住野さんのCD「夢の後に」

フォーレ作曲「エレジー」
cello 住野公一 piano 原田康子
 

「公ちゃん」こと住野公一さん演奏のCD「夢の後に」に収録された一曲。
今回のゲストでピアニストの原田康子さんがピアノを演奏されています。
公開録音での共演もお楽しみに!

11/12 OA楽曲とコメント

「公ちゃんの黄昏ドキはcello気分」
X’mas SPECIAL公開収録イベントの開催が決定しました!

日時:2017年12月17日(日)14:30開場 15:00開演
場所:甲府市川田町アリア・ディ・フィレンツェ「マイスターホール」
出演:住野公一・春ななみ ゲスト:ピアニスト原田康子

ご応募はFM FUJIのホームページからお待ちしています!

ラインスドルフ

L.V.ベートーベン作曲:交響曲第3番「英雄」
エーリッヒ・ラインスドルフ指揮ボストン交響楽団

ラインスドルフは非常に良い指揮者なんですが、残念ながらお客の人気が無かったです。大体愛想がないですね。お客様に受けようと言うつもりが薄かったんでしょう。
アメリカのビッグファイブのオーケストラの常任指揮者としてシャルル・ミュンシュの後を受けてやったのですがね〜。ミュンシュは客受けする指揮をしましたから余計にそうですね〜。ボストン交響楽団在任中にJFケネディが暗殺され彼の故郷のボストンのカソリック教会でモーツァルトのレクイエムを行ってそれがレコードになりましたがあまり売れ行きは良くなかったそうです。

原田康子さん

大中恩作曲:歌曲「庭の小枝」
演奏:間庭小枝ソプラノ、原田康子ピアノ

今回のゲスト原田康子さんがピアノを弾かれています。
この曲は原田さんのお姉さんの委嘱で書かれた歌曲でタイトルの庭の小枝は間庭の庭と小枝をこえだと読んで題名にしたと聞いています。
仲良し三姉妹で埼玉県で音楽教室をやっておられます。

11/5 OA楽曲とコメント

ゲバントハウス

L.V.ベートーベン作曲:弦楽四重奏曲第8番「ラズモフスキー第2番」第4楽章
演奏:ゲバントハウス弦楽四重奏団

世界最古の交響楽団であるライプツィヒ ゲバントハウス管弦楽団。その主席弦楽奏者で構成されたこれまた最古の弦楽四重奏団です。その間メンバーも何回も入れ替わり今日に至ってます。オーケストラは不思議な事に何十年も経つとメンバーはほとんど入れ替わっているのに同じような音がしたりします。このカルテットもレコードが無かった昔の音は想像するだけで窺い知れませんが恐らく現在のような渋い音色だったんではないかかと思います。

サイモンラトル

L.V.ベートーベン作曲:交響曲第7番イ長調より第2楽章
演奏:サイモン・ラトル指揮ウイーンフィルハーモニー管弦楽団

クラウディオ・アバドの後任として選ばれたラトルはイギリス人です。精密な音楽作りをする指揮者です。細かな指示を出すこう言う演奏は得てして楽団からは嫌われるんですが彼は上手くやっているようです。このCDはウイーンフィルとの演奏ですがヴィヴラート無しで演奏させたり今流行りの古楽奏法を使っています。

10/29 OA楽曲とコメント

ネーメヤルビ

W.A.モーツァルト作曲:弦楽五重奏曲ハ長調
演奏:エステルハージ弦楽四重奏団

エステルハージカルテットは珍しく古楽器を古楽奏法で演奏する団体です。最近オーケストラでも古楽器で演奏する団体が出て来ております。古楽器ではなくてモダン楽器で古楽奏法で演奏する団体は更に多いです。古楽器で演奏しようとすると今持っているモダン楽器の他にもう一台古楽器を用意しなければなりませんので費用が大変です。古楽奏法と言うとヴィブラートをかけない、開放弦を良く使う、ローポジションのフィンガリングなどです。ヴィブラート無しで弾くのは正解に音程を取らねばならないし、音も伸び難いので難しいです。でも、音がハモった時に素晴らしい響きを奏でます。

エステルハージ

R.シュトラウス作曲:23の独奏弦楽器の為のメタモルフォーゼン
演奏:ネーメ・ヤルビ指揮スコットランド国立管弦楽団

普通のオーケストラ曲では弦5部と言って1stヴァイオリン、2ndヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバスの5つのパートで演奏するんですが、この曲は23のパートに分かれて演奏するように書かれています。勿論最初から最後まで23のパートに分かれている訳では有りませんが、23のパートがそれぞれ別のことをやる瞬間が何度となく有ります。シュトラウスの若い頃の実験的習作です。