月別アーカイブ: 2018年6月

6/24 OA楽曲とコメント

IMG_2314ゴールドベルク

W.A.モーツァルト作曲:ヴァイオリンソナタ変ロ長調K378
演奏:シモン・ゴールドベルクvn、ラド・ルプーpf

ゴールドベルクは未成年にしてベルリンフィルのコンサートマスターに就任するなど若い頃から晩年までその技術は衰える事が無かったヴァイオリ二ストでした。カール・フレッシュの元で基礎を徹底してやった事が演奏家寿命を永らえた要因だと思います。その演奏は一口に言えば端正に尽きます。端正な演奏スタイルの人は長続きしますね。

末延麻裕子 INFINITY

作曲:末延麻裕子「INFINITY」演奏:末延麻裕子

クラシックのヴァイオリンを長い間勉強されてましたがポピュラー音楽にも興味を示し結果クラシックとポピュラーの二刀流のヴァイオリ二ストです。
初めてお会いしたのですがご自分のスタンスをポピュラーでもクラシックでも無いところに置いておられるのと同じく第一印象は国籍不明、謎の美女と言った感じでした。お話していて彼女は世間一般の分類や枠組みでものを考えるんじゃ無く自分の心に響くものを大切にしておられるようです。
演奏はクラシックで鍛えてテクニックで彼女独特の感性溢れるものでした。

6/17 OA楽曲とコメント

IMG_2313マイケルレイビン

サラサーテ作曲「ツィゴイネルワイゼン」
フェリックス・スラットキン 指揮
マイケル・レイビン ヴァイオリン

末延麻裕子 INFINITY

末延麻裕子「影武者」

ヴァイオリニストの末延麻裕子さんがゲストでした。
ニューアルバム「INFINITY」から「影武者」をお聴きいただきました。
今までのヴァイオリンの常識を覆すような、迫力ある演奏をお楽しみいただけたかと思います。

6/10 OA楽曲とコメント

image1モーツァルト

W.A.モーツァルト作曲クラリネット5重奏曲、演奏:オッペンハイム+ブダペスト弦楽四重奏団

僕がチェロを始めて2年くらいの時に初めて大阪でコンサートを開きその時に演奏した思い出の曲です。今まで東海正之先生の指導のもと桃山室内合奏団として京都山一ホールでピアノトリオを中心に演奏活動うぃ行って来ましたが、いよいよ僕のテリトリーである大阪毎日国際サロンで演奏会をする事になりました。その時に僕が演奏したのがこの曲だったんです。

IMG_2140ベートーベン

L.V.ベートーベン作曲バイオリンソナタ第1番、演奏:アイザック・スターンvn、ユージン・イストミンpf

アイザック・スターンはビクターレコーダがハイフェッツを抱えているのにコロンビアレコードはそれに対抗できるヴァイオリニストを擁しておらず、そこに目をつけたのがスターンだったんです。初期のスターンは切れ味が鋭くて深い音で演奏しておりハイフェッツに対抗できるヴァイオリニストとして売り出しました。彼のパートナーとしてピアノをよく担当していたのがイストミンで二人共大家の風格のある演奏家ですね。