3/19 OA楽曲とコメント

アマデウスカルテット

J.ブラームス作曲:弦楽6重奏曲 第1番 第2楽章
演奏:アマデウスSQ+アルノビッツva+プリースvc

僕が若い頃恋人達という映画が作られました。その映画の中でこの曲が使われて一時有名になりました。
エリア・カザンの映画 「ブラームスはお好き」で使われたのが同じブラームスの交響曲第3番の第3楽章です。何故かブラームスの曲は映画によく使われますね~。きっと、甘さと渋さが程よくミックスされているからででょうか?
イギリスの弦楽四重奏団であるアマデウスSQは4人中3人がウイーン生まれという事からかウイーン所縁の作曲家を得意にしています。新しい感覚でウイーン風の伝統を音楽にしています。

ストコフスキー

J.S.バッハ作曲L.ストコフスキー編曲:トッカータとフーガニ短調

ストコフスキーはバッハの色んな作品をオーケストラに編曲しています。オルガン曲というのがカトリック教会の様にオルガンが無いと演奏出来ません。それをオーケストラに編曲すると普通の演奏会場で聴くことが出来ます。そして、弦・管色んな楽器の音色が混じりあって音楽が色彩的になります。彼の編曲お陰であまり聴かれる機会の無いバッハ作品が随分大衆化されました。音の魔術師ストコフスキーならではの芸術です。