4/16 OA楽曲とコメント

グァルネリカルテット

W.A.モーツァルト作曲:弦楽四重奏曲第15番ニ短調第1楽章
演奏:グアルネリ四重奏団

モーツァルトは600余りの作品の中で短調の曲は少なく、しかしその数少ない短調の曲はどれも心を打つ名曲ばかりです。
ステージパパであったレオポルトは彼に難解な曲は書くなと生涯言い続けたそうです。難解な曲は貴族などに人気がなく売れないという理由です。レオポルトが亡くなるまでのモーツァルトの曲は明るく単純な曲が多いのはモーツァルトが父を怖れていたか、親父の言う事っを素直に聞いていたからでしょう。レオポルトが亡くなってから彼は本当に自分が書きたい作品を書きました。
ニ短調の名曲と言えば最後の作品であるレクイエムが有ります。自分も病気になって生死を彷徨っていた時に謎の人物にレクイエムの作曲を依頼され全エネルギーを注ぎ込んで最後には力尽きて途中でなくなりました。
このモーツァルトのカルテットの中で唯一の短調の曲ですが死に向かって突き進む迫力が有りますね。
グアルネリ四重奏団は僕が最も好きなカルテットのひとつです。

クナッパーツブシュ

F.シューベルト作曲:交響曲第九番ハ長調第1楽章
演奏:ハンス・クナッパーツブシュ指揮、ウイーンフィルハーモニー管弦楽団

クナッパーツブシュという指揮者はエピソードの多い人ですね。頭の病気だったようで頭を下げると気分が悪くなるらしく演奏会でも出てきてちょっと会釈して拍手が収まるのを待たずに指揮棒を振り下ろすんです。ぶっきらぼうですが人の良いおじさんと言う感じでオーケストラのみんなから愛されいました。練習嫌いは有名で練習で固めた様な演奏よりその日の気分即興性を重んじた様です。
シューベルトの最後の交響曲を堂々と揺るぎなく演奏しています。