5/14 OA楽曲とコメント

クリーブランド

M.ラヴェル作曲:弦楽四重奏曲
演奏:クリーブランド弦楽四重奏団

カザルスが常連で出ていたマールボロ音楽祭で顔を合わせて4人で結成したカルテットです。
ブダペストSQとかジュリアードSQ等アメリカではウイーン風のファーストVnに引っ張られるような演奏から4人が均等なバランスを保つ演奏スタイルを確立しましたが、クリーブランドSQは更にアクセントとか早いテンポ設定等現代感覚に訴える演奏をして人気をはくしました。

ミュンシュ

L.V.ベートーベン作曲:レオノーレ序曲第3番
演奏:シャルル・ミュンシュ指揮ボストン交響楽団

ベートーベンは唯一のオペラ「フィデリオ」のために序曲を4曲も書きました。出来上がっても暫く考えて更に良いものをという事でこんなに書いたんです。結局、現在フィデリオ序曲として演奏されるものを正式な序曲としました。不採用の3曲はそれぞれ独立した演奏会用序曲として結局フィデリオ序曲よりも演奏機会が多い様です。
ミュンシュはフランス人と言いますがアルザス地方の生まれでドイツとの国境の出身でドイツ音楽を得意にしていました。