7/9 OA楽曲とコメント

ラサール

A.ウエーベルン作曲:弦楽四重奏曲(1950)
演奏:ラサール弦楽四重奏団

ウエーベルンと言えばシェーンベルクの弟子で師が開発した12音技法の後継者です。ルネッサンス音楽から続いた調性音楽を否定して、聴いている人に何調か分からない印象を与える為に12の音を均等に扱う手法です。しかし、そこはかとなくいい感じでは有ります。

ピエロガンバ

J.ロッシーニ作曲:歌劇「セビリヤの理髪師」序曲
演奏:ピエリーノ・ガンバ指揮ロンドン交響楽団

天才少年ピエリーノ・ガンバ。9歳で指揮デビュー。レコードで聴くとメリハリがはっきりとして、音楽をイキイキと歌わせています。所がデッカから何枚かのレコードを録音していつの間にか姿消してしまいます。現在はカナダで音楽を教えているようです。余りにも若い時にデビューしてしまうと、それを持続させるのは大変な事です。