9/10 OA楽曲とコメント

レーベングート

アルベール・ルーセル作曲弦楽四重奏曲
演奏:レーベングート弦楽四重奏団

アルベール・ルーセルはあまり馴染みの無い作曲家ですが、フランスの作曲家でベルギーとの国境近くの町で1869年に誕生しました。ドビュッシーやラヴェルと同じ時代を生きた作曲家ですがフランス始めあまり人気が無いのはその和声の重厚さからでしょうか?印象主義的でなくドイツの後期ロマン派のような分厚いハーモニーが特徴です。後期に行くほどその感じがします。レーベングートSQはその暑苦しい和声をスッキリと聴かせてくれる良い演奏だと思います。

ヨッフム

アントン・ブルックナー作曲交響曲第3番
演奏:オイゲン・ヨッフム指揮、バイエルン放送管弦楽団

ブルックナーの有名な作品はほとんど交響曲です。0番から9番まで10曲を書きました。ブルックナーは作曲家として成功するまではリンツの郊外に有るザンクト・フローリアン教会のオルガニストをやってました。
今年僕はその教会でアルトモンテオーケストラの一員として第5番の交響曲を演奏しましたが残響がコンサートホールと違って物凄く長く、しかしブルックナーを演奏する上で響きというのは非常に重要な要素だと思いました。メロディメーカーではないですが軽妙で楽しいところも有るなあと思いました。