10/15 OA楽曲とコメント

ます

F.シューベルト作曲:ピアノ五重奏曲イ長調「鱒」
演奏:エンドレス弦楽四重奏団 ピアノ ウオルフガング・サバリッシュ

シューベルトの歌曲「鱒」のテーマを3楽章に変奏曲として作られた曲です。全楽章とも明るく溌剌とした楽しい曲です。
ピアノを担当しているサバリッシュはN響の指揮者としても日本に馴染みある人ですがピアノがとても上手いです。セルやワルター、ショルティも上手かったですが指揮者の弾くピアノはアンサンブルの場合良く全体を把握して弾くので自分だけ突出したりする事が有りません。とても爽やかな演奏だと思います。

田園

L.V.ベートーベン作曲交響曲第6番「田園」
演奏:ロジャー・ノリントン指揮ロンドンクラシカルプレイヤーズ

有名なベートーベンの田園ですが古楽器奏法で演奏すると随分印象が異なりますね~。弦楽器の弾いてる弓はパガニーニ以前の弓で本当の武器の弓の様に反っていました。それで弓の先に来ると音が抜けてしまうんです。現代の弓だもそう弾けばそういう音になるんですが常に意識してないといけないんですね。バロックの弾き方は一音一音切って弾いてる様に聴こえるのはその為です。音符の最後が切れるので全体にスッキリと聴こえるます。