12/10 OA楽曲とコメント

「公ちゃんの黄昏ドキはcello気分」
X’mas SPECIAL公開収録イベント開催決定!

☆☆☆ご応募は本日12月11日、24時までです!☆☆☆

日時:2017年12月17日(日)14:30開場 15:00開演
場所:甲府市川田町アリア・ディ・フィレンツェ「マイスターホール」
出演:住野公一・春ななみ ゲスト:ピアニスト原田康子

ご応募はFM FUJIのホームページからお待ちしています!

リンゼイ

J.F.ハイドン作曲:弦楽四重奏曲「ひばり」
演奏:リンゼイ弦楽四重奏団

ハイドンは長い間エステルハージと言う地方の殿様のお抱え音楽家として作曲していましたが、殿様が亡くなり後継の殿様は残念ながら音楽好きでなかったため予算削減の煽りを食って退職します。しかし、その頃になると音楽が徐々に大衆化し楽譜の出版でお金が入るようになってきました。
彼の作品はイギリスで人気があり、ザロモンと言う出版社の招きでイギリスに演奏旅行するんですが大好評でした。彼の作風がイギリス人に好まれた様です。ハイドンの作品には革新的なところも多々有りますが総じて穏健なところが好まれたのでしょう。
イギリスの団体リンゼイ弦楽四重奏団が上手く演奏しています。

シャルルデュトワ

チャイコフスキー作曲:交響曲第6番「悲愴」第2楽章
演奏:シャルル・デュトワ指揮モントリオール交響楽団

フランス人は結構ロシア音楽が好きで演奏も上手では無いかと思います。重くドロッとした所のあるロシア音楽をサラッと余り粘らずにする演奏も良いと思いますね。
カナダの首都にあるモントリオール交響楽団をアメリカ並みの一流のオーケストラに引き上げたのも彼の功績だと思います。